ビジネスマナーは完璧?検定を受験したことはある?

ビジネスマナー、気になるときは?

次は、どのような時にビジネスマナーの大切さを感じるかについて聞いてみました。
ランキング形式で見てまいりましょう。

【あなたはどのようなときにビジネスマナーの大切さに気づきますか。】

3位:上司と話す時

たかが社内、されど社内。
社内とはいえ、上司はあなたの上に立つ敬うべき人です。
何か上司を説得したい時にマナーがなっていないと、通る話も通らなくなってしまいますよね。

2位:接待の場に行った時

私も苦い思い出があります。
初めて社外のお客様を接待した際、瓶ビールのラベルがお客様に見えない向きで、しかも片手で注いでしまうという、見事なまでのNGパターンをやってしまいました。
その場は上司がうまくフォローしてくれましたが、とても恥ずかしい思いをしました。。
接待の席でも商談の席と同じく、お客様にマナーよく振る舞えるようにしたいですね。

1位:取引先と話す時

1位は、社外の人と話す時である“取引先と話す時”でした。
営業マンのみならず、電話を取り次ぐ担当や逆に営業をされる立場の人など、多くの人が社外の人と絡む機会がありますよね。
そして極論ですが、たったひとつの失礼な対応が、もしかすると会社の大きな損失に繋がる可能性もゼロではないのです。
取引先とのやり取りは、最大限のマナーを尽くしたい場面ですね。

社会人としてマナーを守るべき場所、たくさんありますね。
常日頃マナーを気にすることは良いことだと思いますが、TPOを意識して使い分けると、よりスマートに振る舞うことができそうです。

ビジネスマナー検定

「少し自分のビジネスマナーが不安だなぁ・・でも今更学びなおすのもなぁ。。」
と思っている方、必見です。

といって私も名前だけしか聞いたことなかったのですが、世の中には、ビジネスマナーが身についているかどうかチェックしてくれる「ビジネス実務マナー検定」というものがあります。

その名の通り、ビジネスマンとして社会の基本的なルールが備わっているかどうかが問われる内容となっており、3~1級までと段階もあるので、まずはお試しに3級から、など気になる方は受けてみるといいかもしれませんね。

ちなみに、みなさんの受験状況はというと・・・

【あなたはビジネスマナー検定(ビジネス実務マナー検定)に合格したことがありますか。】

9割超えの方々が受験したことがないという結果でした。。

1級の資格を持っているとなると、世間でも高い評価を得ることができると言われています。
簡単ではないと思いますが、何か資格が欲しい方は、この期に挑戦してみてはいかがでしょうか?

■アンケート期間:2017年10月25日~10月27日
■アンケート対象:20歳以上/男女/全国を対象に、インターネットを通じアンケートを実施