企業に求めるものと言えば? 気になる1位は、○○だった

5位:社名の認知度

8.4%で5番目に多い意見としてあげられたのは「社名の認知度」でした。
多くの人が知っている社名の企業であればあるほど、雇用形態や待遇などもしっかりしていると考える人が多いようです。また、何か問題が起きた際も、メディアの報道などで大きく取り上げられるため、それなりの責任はとってもらえると考える人もおり、いい意味でも悪い意味でも、社名の認知度を重要視する人が増加しているようでした。

4位:待遇

4位には、待遇が選ばれました。
例えば自分がやりたい、興味のある仕事であっても、待遇が悪ければ長続きしないとも言われています。
求める待遇は、人によって変わってくるかと思いますが、「フレックスタイム」を導入している企業の方が働きやすいと感じる人もいれば、「育児休業」「介護休業」がとれる企業の方が長い目を見た時に働きやすいと感じる人もいるのでないでしょうか。
そういった所から、今は待遇内容を細かくチェックする人も増えているようです。

3位:雇用形態

「家の都合で転勤はできない」「働く時間を自由に選びたい」など、仕事をする上で皆さんが求めるものは多いかと思います。その時に重要視されるのが「雇用形態」でした。
「社員」「派遣」「パート・アルバイト」では、諸々変わってくるものもあるようなので、みなさんその点はしっかりと見た上で、仕事を選んでいるようです。

2位:給料

自分の作業への評価とも捉えられる給料が、2位に選ばれました。
「出来れば簡単で楽な仕事を選びたいが、自分の生活を考えると、重要視すべきなのは給料だった」など、生きていくためのことを考えて、給料を選ぶ方が多数いました。

1位:仕事内容

2位と10ポイント以上の差をつけて1位に選ばれたのは、「仕事内容」でした。
「どんなにお金がもらえたとしても、仕事が苦痛だったり、1人じゃ抱えきれない程に量であれば、意味がない」ということで、皆さん自分にあった仕事量・仕事内容で働き先を決めたいと感じるようでした。

企業との出会いも一期一会……。
「ここで働きたい! 頑張りたい」と思えるような企業に、1人でも多くの人が出会えたらいいですよね。

■アンケート期間:2017年10月21日~10月23日
■アンケート対象:20歳以上/男女/全国を対象に、インターネットを通じアンケートを実施