転職をしたいと感じる瞬間ランキング。1位は○○だった


〈あなたは、どんな時に転職したいと考えますか〉
1位 給料と作業内容があっていないと感じた時
2位 労働時間、拘束時間が長いと感じた時
3位 新しいことにチャレンジしたい時
4位 もっと上を目指したい時
5位 今の職場である程度働いたと感じたら

5位:今の職場である程度働いたと感じたら

いい意味でも悪い意味でも、このような考えで転職を考える人がいそうですよね。
「ある程度働いたから、もういいや」という風にも捉えられますし、「今の職場でやりたい所まではやれた」という意味も含めた理由でも捉えられるのではないでしょうか。
どちらにせよ、ある程度の期間が過ぎたら、転職を考える人が多いようですね。

4位:もっと上を目指したい時

今度は+思考な考えがあげられました。
「もっと上を目指したい」と思うからこそ、今の会社よりもレベルの高いところで戦ったりしたいと考え、転職を選択する人も多いのではないでしょうか。

3位:新しいことにチャレンジしたい時

こちらも4位同様、+な考え方の転職のように感じますよね。
なりたい・やってみたい職種が、実際に自分に合っているものなのか、働いてみてはじめて分かることかと思います。
その為、色々働いた上で別の職種にチャレンジしたいと感じる人などもいるのかと思います。また、今の職業で得た知識を活かして、新しい場所で発揮をし、更に良い仕事が出来るようにと考える人も多いのではないでしょうか。

2位:労働時間、拘束時間が長いと感じた時

2位には、不満が原因で転職を考えるイメージの強い声があげられました。
いくら仕事が好きであっても、労働時間や拘束時間が長いと、自分のプライベートな時間が少なくなり、息抜きなどできず、ストレスがたまったり、仕事に対しての不満も大きくなりそうですよね。

1位:給料と作業内容があっていないと感じた時

そして2位に続き、不満と感じるような声で1位に選ばれたのが35.7%で「給料と作業内容があっていないと感じた時」でした。
同じ入社タイミングであっても、個人のレベルなどによっては業務に差がでてしまいますよね。
同じ給料額であっても、自分の方が多くの業務をこなしていたら、不満なども出てきてしまいますよね……。

■アンケート期間:2017年11月25日~11月28日
■アンケート対象:20歳以上/男女/全国の約14,000人を対象に、インターネットを通じアンケートを実施