仕事を辞めたいと思うときランキング!理由とみんなの対処法

5位:身体を動かす

ジムなどに行く人もいれば、自宅の周りをただ走るというだけの人もいました。
こちらを回答した方の多くは「身体を動かしている間は、嫌なことを忘れられるので夢中で走る」「汗と一緒に嫌なことも流す」と答えてくれました。
また、デスクワークの仕事だからこそ、じーっとしていると仕事を思い出してしまうため身体を動かしているといった声もあり、そういった考えの人もいるのか!と関心してしまいました。

4位:食べる

こちらは先程とは違い、「食べて」忘れるとのことです。
確かに、美味しいものをお腹いっぱい食べている時は、嫌なことを忘れられますよね。
しかし中には「仕事が嫌になるたびに食べていたら太ってしまい、今度はそっちでストレルが溜まってしまった……」など悪循環に陥ってしまったケースも……。
対処法として行うのもいいですが、「ほどほどに」「腹8分目」などで止めておくと、なお良いのかもしれませんね。

3位:何も考えずにぼーっとする

3位は16.6%で「何も考えずにぼーっとする」でした。
余計なことは考えず、頭を休ませながらすごすこの方法は、皆さんの中で良い対処法だとか?
「気づいたら時間が経っていて、1日を無駄にした! と感じる人もいるかもしれないが、結構スッキリしている」「頭を空っぽにできるので、考えて悩んでる自分が馬鹿みたいだと、プラス思考になれる」などの声があげられました。
たしかに、つかれた身体を休ませるといった意味でも、この方法は良いのかもしれませんね。筆者も試してみたいと思います。

2位:呑む

成人済みの社会人の特権とも言える「呑む」が2位にランクインしました。
同じ悩みをもつ友人や会社の同僚とでもいいし、ひとりでもいいし……その時の気分で、お酒を飲んで嫌なことを忘れるという人が多数いました。
「お酒を呑むと気が緩むので、普段我慢していて言えない愚痴も声に出して発散できる」といった意見もあり、そういった意味ではストレスを溜め込まないで済むので、良いのかもしれませんね。

1位:寝る

そして、2位と5ポイント以上の差をつけて1位に選ばれたのは、「寝る」でした。
元々仕事をしている時は寝不足という方もおり、皆さん心身休ませるためにも睡眠をとって心を落ち着かせるようです。
しかし、寝すぎてしまうと逆に頭がぼーっとして身体も重く感じてしまうらしいので、ほどよい時間に調整するほうがいいらしいですよ。

皆さん如何でしたか?
もし、今仕事に対して悩んでいる人がいたら、一度こちらを試してみてはいかがでしょうか。
気持ちを切り替えて、明日からの新しい1週間も頑張りましょう!

■アンケート期間:2017年10月6日~10月12日
■アンケート対象:20歳以上/男女/全国を対象に、インターネットを通じアンケートを実施